散歩前の朝の一杯にコーヒー

最近は朝コーヒーを飲んでから散歩に行くのが日課。
こう表現するとドリップしたコーヒーを飲んでいると思われたりもするけれど、
実際はそこいらで普通に売っている紙パックのアイスコーヒー。

飲むと頭が冴えるという人もいるけれど、特にそういうこともないので、何のために飲んでいるのだろうと思ったりもする。
なんとなく手を伸ばしてしまうのは、水道水よりマシだと思っているからかも。

冷蔵庫の中の他の飲料は水。何かの時にために切らさず常備してあるけど、中身はなんてことのない水道水。
カルキ飛ばしも何もしていなければ、フィルターを使って濾過をしているわけでもない。

だから、独特の臭みのある水を飲むよりも、味のはっきりとしたコーヒーの方が美味しく感じるのだろうなあ。

Comments are closed.